ここから本文です

【毎日王冠】ディサイファ「昨年2着以上のデキ」と「恵みの雨予報」…流れは来ている!

東スポWeb 10/6(木) 21:41配信

【毎日王冠(日曜=9日、東京芝1800メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)美浦発トレセン秘話】年齢を重ねるたび、月日の経過は早くなる。美浦の某小料理屋で佐々木悟助手と安田記念の祝杯を挙げたのが先日のような気がしていたが、気付けばもう4か月が経過。彼の担当馬ロゴタイプも毎日王冠で秋競馬のスタートを切る。

「皐月賞制覇から紆余曲折があった馬。6歳で3つ目のGIを勝たせてもらって、ボク自身としては“もう十分”という思いがないわけではないですけどね。最終章に向けてもうひと頑張りしてくれたら」

 サトル君の言葉通り、安田記念Vで同馬のストーリーが完結した感は確かにある。古馬になってから休み明けは3→8→4→7着といいイメージがなく、復帰戦のGII毎日王冠は東京凱旋パレード的なニュアンスで受け止めていたのだが…。

「いや、案外悪くないんです。さすがに前走と比べると落ちますけど、これまでのようなネガティブな印象はありません」

 安田記念の翌週、珍しく馬っ気を出したロゴに“男の自信”を感じた当方だが、その勢いは衰えていないようだ。もっとも毎日王冠登録馬のうち5頭は安田記念の対戦馬。“ディフェンディングチャンピオン”として府中のターフに戻る今回、前走のようにノーマークというわけにはいくまい。

 ゆえに今回、当方が買ってみたいのは安田記念=6着からのリベンジに燃えるディサイファ。担当の矢崎高志厩務員が悔しげに前走を振り返る。

「展開や抜群のスタートを思えば、控える必要はなかったんじゃないかって? いや、違う。スタート後に他馬にぶつけられ、馬がエキサイトしかけたから我慢せざるを得なかった。外国人騎手は自分の馬を抑えるために、他馬を利用して荒っぽいこともするからね。マイルの適性は間違いなくあるよ」

 1週前の追い切り直後、同馬とともに地下馬道から上がってきた小島良太助手は開口一番、「バツグン! すげぇいい。今までで一番じゃないか」と動きを絶賛。2着した昨年以上のデキを強調した。さらに週末は恵みの雨が予想されるなど、今回は“流れ”が来ている。

「この後は天皇賞(8着)を選択した昨年と違って、マイルCSに向かうつもり。ぶつけられる不利がなければ安田記念も結果は違ったと思っているし、秋初戦から力のあるところを見せたいね」と矢崎さん。晩成のディープインパクト産駒にとっても勝負の秋がスタートする。

最終更新:10/6(木) 21:41

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]