ここから本文です

コナミとセガ、ゲームセンターの電子マネーで協力

ITmedia ビジネスオンライン 10/6(木) 16:01配信

 コナミデジタルエンタテインメントは10月6日、セガ・インタラクティブと共同で、アミューズメント施設向けマルチ電子マネーサービスを今秋から順次導入すると発表した。Suicaやnanacoなど交通系/汎用電子マネーにも1端末で対応でき、導入コストも低減できるという。

 コナミはアミューズメント施設専用の電子マネー「PASELI」を運営しており、セガは交通系電子マネーを使えるシステムを導入していた。新サービスはそれぞれの電子マネーを1つのシステム・決済機器で運用できるのが特徴だ。

 店舗は複数のインフラを導入しなくても各種電子マネーに対応でき、プレイヤーはさまざまな電子マネーでゲームを楽しめるメリットがあるという。

 今秋から一部店舗で試験導入し、全国のアミューズメント施設に展開していく。

 トッパン・フォームズグループのTFペイメントサービスによるクラウド型決済プラットフォームを基盤に構築し、トッパン・フォームズのマルチ電子マネー端末を採用している。

最終更新:10/6(木) 16:01

ITmedia ビジネスオンライン