ここから本文です

トルコの名物猫、死後に市民の希望で銅像になる

ねとらぼ 10/6(木) 16:02配信

 8月1日に惜しまれつつもこの世を去ったトルコの名物猫・トンビリの銅像が、10月4日「世界動物の日」にお披露目されました。ちょっぴり偉そうな寝そべりポーズも生前のまま、これからも道行く人々を見守ってくれそうです。

【トンビリの有名な1枚】

 銅像が建てられたのはイスタンブール市のカドゥキョイ地区。トンビリは地域でかわいがられていた野良猫で、道路脇で肘をついた優雅過ぎるポーズがSNSで拡散され人気者となっていました。

 トンビリの死に際し、猫との共生について取り組んできた市民団体Anatolian Catが署名サイト「Change.org」で銅像の建設を呼びかけ、1万7000人以上の署名を収集。署名運動の結果を受けてカドゥキョイ市も企画に賛同し、ついにこのたび彫刻家・Seval Sahinさんの手による銅像が完成しました。

 署名サイトには「日本のハチ公のように、長く記憶に残るようにしたい」との記述もあり、SevalさんはTRT Worldのインタビューに対し「猫はこの地域にとっても大切な象徴。私たちは動物をもっと大切にしていくべき」と像に込めた思いを語っています。また、地域の代表者Harika Develiogluさんも「ここでは皆猫が大好き。地名をカドゥキョイ(Kadikoy)ではなくケドゥキョイ(Kedikoy:猫の街)と呼びたいくらい」と、完成した像の出来栄えに満面の笑みを浮かべていました。

最終更新:10/6(木) 16:02

ねとらぼ