ここから本文です

橋本愛 宮崎あおいとの共演に「涙が出てきそうだった」

デイリースポーツ 10/6(木) 19:27配信

 女優の橋本愛(20)が6日、都内で主演映画「バースデーカード」(22日公開)の完成報告会見に登場し、初共演だった母親役の宮崎あおい(30)とほとんど一緒のシーンがなかったことを嘆いた。

 10歳のときに病死した母親(宮崎)から届く毎年のバースデーカードを通じ、ヒロイン(橋本)が成長していく姿を描いた感動作。母親が生前のシーンは3人の子役がヒロインの幼少期を演じており、橋本と宮崎の共演はわずか1シーンだけだった。

 母親役のキャスティングを聞いたときを振り返り、橋本は「『会えねぇじゃねーか』と悔しかった」と苦笑い。現場でも会話は交わさなかったが「初めてお芝居で向き合ったとき、すごくキレイな手から大きな愛情を感じ、涙が出てきそうだった」と印象を語った。

最終更新:10/6(木) 19:34

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]