ここから本文です

日本、元気弾で前半1-0折り返す 序盤&終了間際に大ピンチも

デイリースポーツ 10/6(木) 20:34配信

 「W杯アジア最終予選、日本-イラク」(6日、埼玉スタジアム2002)

 「W杯アジア最終予選、日本-イラク」(6日、埼玉スタジアム2002)

 日本が前半26分にFW原口元気が挙げたゴールで先制し、1-0で前半を終えた。

 ハリルホジッチ監督は不動のトップ下だった香川真司を外し、替わりに清武弘嗣を起用した。1トップには岡崎。ダブルボランチには柏木と長谷部を配置した。

 先制のシーンは、原口が自陣でボールを奪ったところから始まった。その後、清武が持ち上がり敵陣に入ると、右サイドの本田へパス。その本田を回り込んでゴールライン際でパスを受けると中央へゴロのパスを送った。

 ここに走り込んでいた原口が右足かかとで相手GKの股を抜く技ありのシュートを流し込み先制した。9月6日の最終予選・タイ戦でも先制ゴールを挙げている原口では日本代表で2試合連続、通算4点目となった。

 前半3分には、イラクのスアドのヘッドが日本のゴールポストをたたき、前半ロスタイムにもGK西川の正面を突くシュートを打たれるなど、ヒヤリとさせられる場面もあった。

最終更新:10/6(木) 23:37

デイリースポーツ