ここから本文です

スバル「レガシィ」「インプレッサ」など4車種10万台リコール

ITmedia ビジネスオンライン 10/6(木) 16:46配信

 富士重工業は10月6日、「レガシィ」や「インプレッサ」などのエアポンプ部分に不具合があり、最悪の場合火災が起きる恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。対象は2006年4月26日~13年9月9日に製造された4車種、計10万2781台。

【リコールの対象箇所】

 排出ガス発散防止装置の2次エアポンプで、ポンプを制御するリレー内に不具合があり、結果的にポンプが高温になり樹脂部品が溶けるなどし、最悪の場合火災に至る恐れがあるという。これまで20件の不具合が報告され、2件の火災が起きている。

 対象車種は2006年4月26日~13年9月9日に製造された「レガシィ」「エクシーガ」「フォレスター」「インプレッサ」。全車両について、2次エアポンプリレーを対策品に交換する。

最終更新:10/6(木) 16:46

ITmedia ビジネスオンライン

なぜ今? 首相主導の働き方改革