ここから本文です

“冷蔵庫の住人”もIoT化、ソリッドアライアンスが「Fridgeezoo WiZ」を予告

ITmedia LifeStyle 10/6(木) 17:07配信

 冷蔵庫を開けると「どうも~」などと話しかけてくる癒し系ガジェット「Fridgeezoo」(フリッジィズー)が進化する。ソリッドアライアンスは10月6日、IoT版となる「Fridgeezoo WiZ」(フリッジィズー ウィズ)の登場を予告した。

初期のフリッジィズーは牛乳パックの形

 2010年に登場した初期のフリッジィズーは、冷蔵庫のドアを開けると牛乳パックの姿をしたシロクマやペンギンが話しかけてくるという癒しグッズだった。「地球の温暖化や環境汚染のため、住処を失くした動物たちが行き着いた場所。それは冷蔵庫だった」という設定で、扉を閉めないと「あついよ~」「温暖化だ」などと文句を言い出すため、冷蔵庫の開けっ放し防止につながるといった実用的な側面もあった。

 その後、外国語や各地の方言をマスターするなど語彙力を磨き、2013年にはあの「ガリガリ君」とのコラボも果たした。形状もパックからボトルに変化している。

 ソリッドアライアンスによると、新しいフリッジィズー ウィズは、BLE(Bluetooth Low Energy)を搭載してスマートフォンと連携。冷蔵庫のドアを開けるとその日の天気を教えてくれるなど実用的な機能を提供するという。また、離れて暮らす家族の冷蔵庫に置き、ドアの開閉によって無事を確認する“ゆるい見守り”機能もある。最初のフリッジィズー ウィズは、近日中にパートナー企業から提供される見込みだ。

最終更新:10/6(木) 17:07

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]