ここから本文です

日本、山口蛍劇的ミドルで薄氷勝利

デイリースポーツ 10/6(木) 21:33配信

 「W杯アジア最終予選、日本2-1イラク」(6日、埼玉スタジアム2002)

 日本は後半ロスタイムまで1-1とイラクに苦しめられたが、後半ロスタイムにMF山口蛍がミドルシュートを決め、勝ち点3を手にした。日本は2勝1敗で勝ち点を6に伸ばした。

 1-1で迎えた後半ロスタイム。誰もが、このままドローで終わってしまうかと思ったその時だった。前線に残ったDF吉田が倒されて獲得したFKから、希望がつながった。

 FKがこぼれたところに走り込んでいた山口がダイレクトにシュート。低い弾道で、前方にいた酒井宏の股を抜いてイラクゴールに突き刺さった。

 不動のトップ下・香川真司を外し、清武を起用して望んだこの試合、決して良い展開ではなかった。前半26分、原口の自陣でのボール奪取から、清武がカウンターで持ち上がり本田-清武とつなぐ。最後に原口がヒールで流し込み先制。清武がボールを受けたシーンがオフサイドにも見えたが、日本にとってはいいムードで試合を進められるはずだった。

 ところが、この後が続かず、前半終了間際にはGK西川が防いだものの、シュートを放たれるなど危ない場面が見え始めた。そして後半15分、Y・アハメドの長い距離のFKにをサードがヘディング。酒井高が飛んだものの競り負け、あえなく同点ゴールを許した。

 後半21分には柏木に替えて山口を、同29分には岡崎に替えて浅野を、さらに36分には大黒柱の本田に替えて小林を入れたが、決定的な場面まではつくれず。試合終了間際にゴール正面で浅野がボールを受けたが打ちきれなかった。

 だが、最後にかろうじて吉田のパワープレーから山口の劇的ミドルにつながった。日本は11日に敵地・メルボルンでオーストラリア戦に臨む。

最終更新:10/6(木) 23:37

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。