ここから本文です

ストーンズ 11年ぶり新作わずか3日でレコーディング…12月2日発売

デイリースポーツ 10/6(木) 22:02配信

 ロックバンド「ザ・ローリング・ストーンズ」が、11年ぶりのスタジオ・アルバム「ブルー&ロンサム」を12月2日に全世界でリリースすることが6日、明らかになった。ストーンズのスタジオ・アルバムは2005年の「ア・ビガー・バン」以来で、12曲全てがブルースのカバー。英国出身の大物ギタリスト、エリック・クラプトン(71)が2曲でギターを弾いているのも話題を呼びそうだ。

 プロデュースはボーカルのミック・ジャガー(73)とギターのキース・リチャーズ(72)のグリマー・ツインズと、気心の知れたドン・ウォズ(64)。昨年12月にロンドン西部のブリティッシュ・グローヴ・スタジオで、わずか3日間でレコーディングされた。オーバーダビングもなしだったという。

 偶然にも隣のスタジオでアルバムをレコーディングしていた旧知のクラプトンが「エヴリバディ・ノウズ・アバウト・マイ・グッド・シング」「アイ・キャント・クイット・ユー・ベイビー」にゲスト参加している。

最終更新:10/6(木) 22:53

デイリースポーツ