ここから本文です

プリンセスで「薔薇王の葬列」第1部完、来年1月の発売号で第2部が開幕

コミックナタリー 10/6(木) 21:34配信

菅野文「薔薇王の葬列」が、本日10月6日発売の月刊プリンセス11月号(秋田書店)で第1部の完結を迎えた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

同作はウィリアム・シェイクスピアの史劇「リチャード三世」を原案に描かれるダークファンタジー。ヨーク家とランカスター家が王位争奪を繰り返した薔薇戦争を軸に、両性具有に生まれたリチャードの数奇な運命を描く。リチャードは敵でありながら愛した男・ヘンリーを殺すようにエドワード四世から命令されるが……。第2部は、2017年1月6日発売の2月号よりスタートする。また2017年1月16日に刊行される「薔薇王の葬列」ドラマCD付きの単行本第7巻特装版は完全受注生産で、11月9日まで予約を受け付けている。

なお本日、月刊プリンセスの電子版の刊行がスタートし、9月号と10月号が各電子書店で購入できる。今後は毎月6日、紙版の発売1カ月後に各号が配信予定。これを記念し、プリンセス作品の1、2巻の割引キャンペーンが実施されている。対象は細川智栄子あんど芙~みん「王家の紋章」、菅野文「薔薇王の葬列」、すもももも「後宮デイズ~七星国物語~」、鈴木理華「タブロウ・ゲート」、杉山小弥花「明治失業忍法帖~じゃじゃ馬主君とリストラ忍者~」の5作品。また藤田麻貴「コハルノオト」、こなみ詔子「シカバネ★チェリー」については「試し読み増量版」が配信されている。キャンペーンの内容や実施状況は各電子書店にて確認を。

最終更新:10/6(木) 21:34

コミックナタリー

なぜ今? 首相主導の働き方改革