ここから本文です

FW原口、2戦連続の先制弾も「危機感しかない。次も決める」

デイリースポーツ 10/6(木) 22:22配信

 「W杯アジア最終予選、日本2-1イラク」(6日、埼玉スタジアム2002)

 日本は後半ロスタイムにMF山口蛍のミドルシュートで劇的勝利を手にした。

 先制のゴールを決めたFW原口は試合後、「いや、きつかったですけど、とりあえず勝ててホッとしています。最後まであきらめないことしか考えていなかったし、絶対1点入ると思ってプレーしていました。本当に内容はまだまだだと思うけど、勝ち点3を取ることができたことだけは良かった」と苦しい試合を振り返った。

 前半26分、右サイドの清武からのパスに、ニアサイドの原口が、相手GKの目の前で技ありのヒールシュート。GKの股を抜いてゴールネットを揺らした。「(先制点は)僕の強みが出せたし、ああいう形がどんどん出れば、オーストラリア戦もいいゴールが生まれると思う」と喜んだ。

 9月6日のW杯最終予選・タイ戦に続く2試合連続のゴールとなったが、「(2試合連続ゴールも)今日の試合では危機感しかない。次も決められるように頑張ります。勝ちます」と、次戦・11日のオーストラリア戦を見据えた。

最終更新:10/6(木) 22:40

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]