ここから本文です

BOYS AND MEN原宿に帰還!竹下通りで主演映画チラシ配る

音楽ナタリー 10/6(木) 22:10配信

本日10月6日、BOYS AND MENの水野勝、田村侑久、辻本達規、小林豊、土田拓海が、東京・JOL原宿で行われた映画「BOYS AND MEN ~One For All, All For One~」のイベントに出演した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

JOL原宿は、BOYS AND MENがデビュー当時に東京のイベント会場として利用していた場所。リーダーの水野は「僕たちボイメンにとってJOLはすごく思い出のある場所なので、自分たちの映画で帰ってこれてうれしいです!」と挨拶。映画について「役者としてもいろんな役をやってきた僕たちが、自分で自分の役を演じるという。フィクションとノンフィクションが交ざり合っていて、『ボイメンっていうのは、こういうグループだよ』というのが今回の映画には表れてますね」と解説する。

また水野は撮影の思い出を聞かれ、「自分自身の役だったら演技しなくていい、簡単だって思うんですけど、むちゃくちゃ難しくて。自分では思ってないことだったり、リアルじゃないセリフも言わないといけないので、客観的に自分を見つめ直さなきゃいけなかった。メンバー同士の会話のシーンもちょっと作っちゃうとバレるんですよ」と述べる。水野から「彼はイケメンな言い回しのセリフが多いんですよ」と振られた辻本は「そんなことないぜえ」と独特のイントネーションで返答して、観客を笑わせた。

田村は「撮影を通して、ボイメンっていいグループだな。このメンバーでよかったなと思った」としみじみ口にする。小林が「(劇中にてメンバー全員で生活している設定の)ボイメンハウスでの撮影がすごい楽しくて、この家に本当に住めたらいいのにねえって僕がポロっと言ったら、『メンバーとは無理だよ』ってみんなに言われました」と話すと、「あそこに10人で住んだら1週間もたないよね」「みんな家出しちゃう」「2日くらいでいなくなる」とメンバーが追い打ちをかける。

そして東京で苦労したことを聞かれた土田が「竹下通りで認知度調査をしたときにあまり知られてなくて、知ってもらうためにチラシ配ったり苦労しましたね」と振り返ると、「最近のことぶっ込んできたな!(笑)」とメンバーがツッコミを入れていた。そんな発言のあと、メンバーは原宿の竹下通りに移動し、映画のチラシを配布。集まったファンや通行人たちとコミュニケーションを楽しみ、最後は映画のヒットを祈願してイベントを締めくくった。

なお映画「BOYS AND MEN ~One For All, All For One~」は、10月29日より全国公開される。

最終更新:10/6(木) 22:10

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]