ここから本文です

やまもとありさ「アオイトリデ」 第1話「RAKUEN GO!」

ねとらぼ 10/6(木) 21:10配信

 世界のどこかにあるという楽園「青い砦」。そこでは、単行本化を狙うマンガ家たちが、読者に作品を拡散すべく日々原稿に向かっていた。今日もまた、「打ち切り」におびえるマンガ家たちが“青い鳥”に連れられやってくる――。

【画像】「アオイトリデ」 第1話「RAKUEN GO!」

 「あいこのまーちゃん」で、掲載2日前に連載中止の憂き目にあったマンガ家・やまもとありさ先生がねとらぼに登場。SNS上で拡散されたマンガが、雑誌の連載を経ずに単行本化される――。そんな現代のマンガ業界を題材に、自身もWebコミックでのヒットを願うやまもと先生が、マンガ家たちの喜怒哀楽を自らの経験も交えて痛烈に描きます。毎週木曜日に更新。

●第1話「RAKUEN GO!」(10月6日更新)

 「打ち切り」に追いやられ、無職になった2人の漫画家。彼らはどこかで見たような青い鳥に連れられ、そこに住めば紙の雑誌で連載するよりも多くの人に漫画を読んでもらえるという「青い砦」を目指すのだった。

●作者プロフィール

2013年デビュー。2014年に「あいこのまーちゃん」が連載中止となるが、クラウドファンディングに成功して電子化。縁あって紙の単行本も出版される。Webで「おんな薄毛道」(messy)、「サブ子とカル美の映画夜話」(四コマ映画)を連載中。Web雑誌「Comicかば」メンバー。

作者コメント:
はじめまして、やまもとありさです。
出版不況と言われるこのご時勢に、SNSで利益を生み出そうと悪戦苦闘するマンガ家たち(自分含む)を描いたのがこの「アオイトリデ」。
これからどうなっていくのか私にも分かりませんが、お付き合いいただければ幸いです。

最終更新:10/6(木) 21:10

ねとらぼ