ここから本文です

イラク監督が判定に不満「日本のサポートをしている」

デイリースポーツ 10/7(金) 0:02配信

 「W杯アジア最終予選、日本2-1イラク」(6日、埼玉スタジアム2002)

 日本に惜敗したイラクのラディ監督は、主審の判定に強い疑問を呈した。敗戦後の会見で「日本のサポートをしているのではないかと思う」と指摘。ただ、それは清武にオフサイドがあったのではないか、という前半26分の原口の得点シーンではなく、山口の劇的ミドルが生まれた試合終了間際のことだった。

【写真】劇的ゴールに歓喜のイレブン 蛍は「なんか、入ってしまって…」

 ラディ監督は「我々にはけが人が(ピッチの)外にいた。我々の選手3人が(主審に)話しかけた。試合の後にも私が話したがジャッジは『私は見なかった』と。ロスタイムではどんな選手でも必要。守備でも必要なのに、ジャッジは振り向いてくれなかった」と負傷者への配慮がなかったと主張した。

 また、「ジャッジのミスはいくつかあったが明らかではなかった」と、先制点前のオフサイドが疑われるシーンは、受け入れている様子。「だが、最後のところは明らかだったと思う」と、試合が決着したシーンには納得せず「あと、ロスタイム6分はとても長いと思います」と語った。

 だが、イラクの選手が倒れた場面では、露骨な時間稼ぎにも見えた。

 日本についてはラディ監督は「選手たちが個性があり。チームとしても個性があるチームと思う。アジアの中でもトップの強いチームと思います。でも、今日はいつものチームのリズムがそんなに発揮できなかったのではないかと思います。いつものリズムが見られなかったと思います」と実力に敬意を表しつつ、この試合はいつもと様子が違ったと評価した。

 この試合は、主審と2人の副審が韓国から、第4の審判員がシンガポールから派遣されていた。

最終更新:10/7(金) 14:25

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報