ここから本文です

マイヘア、MOROHA、yonigeが恵比寿で熱演「REDLINE TOUR」終幕

音楽ナタリー 10/6(木) 23:12配信

9月30日に東京・LIQUIDROOMにてライブイベント「REDLINE TOUR 2016」の最終公演が開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

東名阪で行われた今年の「REDLINE TOUR」。全公演にMOROHAとyonigeが出演したほか、東京公演にはMy Hair is BadとオープニングアクトのKOTORIが登場し、ソールドアウトとなった。

KOTORIは横山優也(G, Vo)の伸びやかな弾き語りから始まる「19歳」でライブの幕を開ける。「初めての人が多いと思います。今日は覚えて帰ってください」と控えめに挨拶しつつも、「先頭打者ホームランを打って帰ります!」と宣言し、9月に発売したばかりの初の全国流通盤「tokyo」収録曲をエモーショナルに届けていった。

続くyonigeはサポートドラマーに松本嘉一(NEVERSTAND)を迎えた編成でステージに登場。「センチメンタルシスター」でライブをスタートさせると牛丸ありさ(Vo, G)が「やろうぜ、東京!」と焚き付け、ごっきん(B, Cho)と松本が操る変拍子が心地よい「サイドB」や、シニカルな「あのこのゆくえ」、ハンドクラップが発生した「バイマイサイ」などを次々とプレイしていく。MCでは牛丸が、「運命を一夜で変えることはできないが、あなたが進む方向は、一夜で変えられる」という「REDLINE」のコンセプトに触れ「変えるきっかけにもならないかもしれませんが、あなたたちがまたここに来たいと思えるようなバンドになりたい」と語り、ラストナンバー「さよならアイデンティティー」で熱を帯びた演奏を見せた。

前のめりにパフォーマンスを見せるMOROHAは「先輩の意地を見せてきたつもりだったけど、ライブハウスってのは先輩も後輩もないんだ。演者もお客さんも関係ねえんだ。さあ勝負しようぜ」と闘志をむき出しに。「革命」ではyonigeの曲名にちなみ歌詞の一部を「あいつ、目が覚めたら部屋の中“アボカド”まみれだったらしいぜ」と変える粋な姿も見せる。さらに「音楽の怖いところを見せてやるよ」との前置きから披露された「tomorrow」、「どうか涙がゴールになりませんように」と優しい言葉に続いて届けられた「GOLD」と、最新アルバム「MOROHA III」収録曲を続けた。「三文銭」のアウトロではアフロ(MC)が「夢はどんな形でも手放すなよ! 忘れるなよ! 何より俺が忘れませんように」と言葉を重ね、場内に大きな余韻を残した。

「真赤」でライブを始めたMy Hair is Badは「絶対いい日にしてやる!」と意気込んで、「クリサンセマム」「アフターアワー」といった疾走感あふれた楽曲を畳みかける。4曲を終えると椎木知仁(G, Vo)は「REDLINE TOUR」に出演できた喜びを語りつつも「そんなことよりも、俺は女にモテたい!」と爆発。さらに東名阪に出演しているMOROHAとyonigeではなく、自身がトリを努めていることについて「俺らが一番カッコいいからです!」と言い切った。MOROHAの曲名にちなんで「俺のほうがヤベエかも、先輩!」と啖呵を切り、アドリブの弾き語りからなだれ込んだ「フロムナウオン」でも椎木は「ベストアクトはもらった」と自信をみなぎらせ、山本大樹(B, Cho)と山田淳(Dr)の繰り出すパワフルな演奏に負けじと声を張り上げていった。「優しさの行方」で本編を終え、アンコールで再びステージに戻ってきた椎木。彼は本編で演奏を予定していた「卒業」を歌い忘れていたことを明かし「こんなに本気で“てへぺろ”って思ったことことない」と苦笑いする。バンドはしかしながら「卒業」を演奏することはなく、ニューアルバム「woman's」収録曲「告白」をプレイ。「エゴイスト」で椎木がフロアにダイブし、場内が熱気に満ちる中、「REDLINE TOUR 2016」は終幕した。

REDLINE TOUR 2016
2016年9月30日 LIQUIDROOM セットリスト
KOTORI
01. 19歳
02. ラッキーストライク
03. シャンプー
04. 4号線

yonige
01. センチメンタルシスター
02. 恋と退屈
03. サイドB
04. バッドエンド週末
05. あのこのゆくえ
06. アボカド
07. バイマイサイ
08. 最近のこと
09. さよならアイデンティティー

MOROHA
01. それいけ!フライヤーマン
02. 革命
03. 俺のがヤバイ
04. tomorrow
05. GOLD
06. 三文銭

My Hair is Bad
01. 真赤
02. クリサンセマム
03. アフターアワー
04. 元彼氏として
05. フロムナウオン
06. 優しさの行方
<アンコール>
07. 告白
08. エゴイスト

最終更新:10/6(木) 23:12

音楽ナタリー

なぜ今? 首相主導の働き方改革