ここから本文です

MMD研が「2016年9月格安SIMサービスの利用動向調査」を実施 サービス利用率は14.7%

ITmedia Mobile 10/6(木) 22:26配信

 MMD研究所は、10月6日に「2016年9月格安SIMサービスの利用動向調査」の結果を発表した。調査対象は15歳~69歳の男女3万5161人で、期間は9月26日~10月3日。

【格安SIMをどんな端末で使う?】

 本調査によると格安SIMサービスの利用率は14.7%で、メインで利用しているサービスは「楽天モバイル」が20.7%で最も高く、次いで「OCNモバイルONE」が13.5%、「IIJmio」が9.2%となる。契約プランは音声プランが53.8%、データプランが46.2%で、契約プランごとに利用しているサービスを比べたところ音声プラン最多は「楽天モバイル」の27.8%、データプラン最多は「OCNモバイルONE」の18.3%となった。

 利用中の端末はAndroid搭載スマートフォンが52.8%で最も多く、次いでiPhoneが27.2%、タブレットが10.6%、モバイルルーターが7.9%。デバイス別にみると、Android搭載スマートフォン・iPhone・その他の利用者は「楽天モバイル」、タブレット・モバイルルーターの利用者は「OCNモバイルONE」の利用が最も高いという結果が出た。

最終更新:10/6(木) 22:26

ITmedia Mobile

なぜ今? 首相主導の働き方改革