ここから本文です

菅野美穂、かつての“写真集騒動”語る「精神的に強くなれた」

オリコン 10/6(木) 9:38配信

 女優の菅野美穂(39)が6日、NHKの情報バラエティー『あさイチ』(月~金 前8:15)に生出演。3日にスタートした同局の連続テレビ小説『べっぴんさん』の話題や、かつてヒロインを演じた連続テレビ小説『走らんか!』(1995年)当時の振り返り、昨年、夫で俳優の堺雅人との間に誕生した第1子男子の子育ての様子などを語った。

【場面カット】母の顔も垣間見える?『べっぴんさん』の出演シーン

 『べっぴんさん』で菅野は、ヒロイン・すみれ(芳根京子)の母・はな役と語りを担当。大阪放送局で行われた撮影には子ども連れで参加したといい、「子どもがぐずって泣いて移動の新幹線の中で過ごす2時間半が大変でした」。

 高校3年生のときに出演した『走らんか!』も大阪放送局の制作だったが、当時は菅野自身が「新幹線の中で泣いていた」と語った。「自分で望んで朝ドラに出演させてもらったのに、つらくて。周りの同級生は10年先の将来を考えて受験勉強をしたりしているのに、私はあしたのせりふを覚えるのに必死でした」。

 10代後半から20代前半にかけて、さまざま葛藤があったといい、「仕事に恵まれてありがたい気持ちと、人に見られることがこんなにストレスになるんだ、ということに改めて気づいて。本当の自分と役(を通して観られている)自分が、乖離(かいり)しているなって。高校生だった頃は、学校に行けば素の自分に戻ることができたけど、高校を卒業して戻るところがなくなった19歳の頃はやさぐれていましたね」。

 そうした「精神的なネジ曲がり」が“ヌード写真集騒動”につながったと回想。「お芝居も仕事も好きなことばっかりだった。それが、学校もなくなって、仕事も好きなことばかりではなくなって、あれ?って。精神的にタフにならなきゃいけないと思って、(写真集の出版は)ショック療法みたいになってしまった。人にはおすすめできないけど、それを経験したおかげで精神的に強くなりましたね。タフになりすぎちゃった」と明るく話していた。

最終更新:10/7(金) 8:21

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]