ここから本文です

『マッサン』シャーロット、『べっぴんさん』に出演「とても感慨深い」

オリコン 10/6(木) 15:16配信

 2014年後期のNHK朝ドラ『マッサン』でヒロインを演じた女優のシャーロット・ケイト・フォックスが、放送中の朝ドラ『べっぴんさん』に20日放送回から登場することが6日、同局から発表された。久しぶりの朝ドラ撮影に「緊張しました。だけど顔見知りのスタッフもいて、すぐに緊張は解け、リラックスして撮影できました」というシャーロットは、「リハーサルや撮影のさなかに、『マッサン』を撮影していた時のことを思い出し、とても感慨深いものがありました」とコメントした。

【場面ショット】芳根京子との共演シーン

 シャーロットが演じるのは、通訳の夫ジョン・マクレガーと日本で暮らすエイミー・マクレガー。妊娠中にヒロインのすみれ(芳根京子)と出会い、すみれが子供服作りを始めるきっかけをつくることになる。

 芳根との芝居について「とても新鮮でした。彼女はとても才能にあふれた女優さんだと身体で感じることができました」と絶賛し、「本当に本当に楽しく活気がある現場でした。『べっぴんさん』というストーリーはとてもすばらしいドラマになると思います。 そしてこのドラマに関われたことに心より感謝しています」と久しぶりの朝ドラ撮影を満足気に振り返った。

 三鬼一希チーフ・プロデューサーは、「戦後、ヒロイン・すみれは子供服作りに目覚めていきます。そのきっかけを与える人物がエイミーです」と物語におけるエイミーの重要性を明かし、「物語のエポックとなるエピソード。エイミーを演じていただける方は、シャーロット・ケイト・フォックスさん以外にないと思い、ご出演をお願いしました」と経緯を説明。「新旧ヒロインの共演を、視聴者のみなさまに、ご期待いただければ幸いです」と呼びかけている。

最終更新:10/6(木) 17:02

オリコン