ここから本文です

フジテレビTWO初オリジナル連ドラ誕生 主演は片桐仁

オリコン 10/7(金) 10:00配信

 コメディアン、粘土作品展を開くアーティストとしても活躍する俳優・片桐仁が、11月20日に『フジテレビTWO ドラマ・アニメ』にて放送されるオムニバスコメディードラマ『GAKUYA~開場は開演の30分前です~』(後11:30※全5話)に主演することがわかった。下北沢にある、とある小劇場『シアター黒猫』の楽屋を舞台とした作品で、同局としては初のレギュラーオリジナルドラマ枠誕生となる。

片桐仁の出演作品

 片桐が演じるのは『シアター黒猫』の小屋主で、芝居に猫が出てくる場合は劇場レンタル費を半額にするほど猫愛の強さを持つという役どころ。各話開演30分前からドラマはスタートし、毎回違う劇団による公演で幕が上がるまでの間に様々なトラブルが巻き起こる様子をリアルに30分間で描いていく。

 片桐は「色んな劇団の楽屋での悲喜交々が楽しいドラマなので、“主演”という感じはしていませんが、毎回『小屋主』として、開演ギリギリまでいいお芝居を作るために奮闘します!」と意気込み。「“小劇場の楽屋”というセットが、初回から『落ち着くな~』と思いました」と感想を明かした。

 脚本と演出を手がけるのは映像監督、脚本家、俳優、カメラマンなど、“楽しいことは何でもやる”というスタンスで活動中のたかせしゅうほう氏。「演じてくださるのは、僕が10年以上前から舞台で拝見し続けている片桐仁さんをはじめ、実際に舞台でご活躍中の方ばかり。物語は僕のメチャクチャな妄想ですが、皆さんのリアルなお芝居で、極上の『リアルフィクション』が出来上がりました」と自信を込めている。

最終更新:10/7(金) 10:00

オリコン