ここから本文です

ウエンツ瑛士、東野幸治とドッキリ番組MCタッグも「バラエティーは腰掛け」

オリコン 10/7(金) 7:00配信

 タレントの東野幸治とウエンツ瑛士が、15日放送のフジテレビ系土曜プレミアム『芸能人が本気で考えたドッキリさせちゃうぞGP』(後9:00)にMCとして出演。芸能人が自ら“クリエイター”として仕掛け人になる一風変わったドッキリ番組で、ウエンツはMCでありながら相棒であるはずの東野考案のドッキリにまんまとかかってしまうことに。スタジオが大爆笑となるほどのリアクションの良さをみせ、東野は「これまではアイドルやったからNGだったけど、これを機に事務所もOKを出していくから、これから2016年下半期にかけてかかっていくんじゃないですか」としたり顔で明かした。

ウエンツ瑛士のソロカット

 当のウエンツは「(今後は)ミュージカルスター1本でいきます。バラエティーは腰掛けでやっているんで」と断固拒否したが、東野は「バラエティーでしかみたことないです」と一蹴。「俺は東野さんに(ドッキリを)かけたい!」と鼻息荒く意気込むウエンツだったが、東野は「俺、CCDカメラとか見えたら『あ、CCDや!』って言う。スタッフの努力とか水の泡です」と余裕の表情を浮かべた。

 続けて「ダウンタウンさんに教育受けてるから『うわ、ドッキリや!』とか気づいてしまう」と得意げな東野に対し、ウエンツは「東野さんにバレないようにかけないと駄目。今回で仕返しくるってわかってるわけだし…」と至難の業であることを実感。「やるなら長期になると思う。1日ではめるとかじゃなくて、次のオンエアまでにとか長いスパンがないと。生活に埋め込まないと」とリベンジの機会を伺っていた。

 今回、ヒロミやネプチューンの堀内健がクリエイターとして参加。東野は見てみたいクリエイターとして「(安田大サーカスの)クロちゃんとか普段、ドッキリに引っかかっている人の考えるドッキリはみてみたい気がします」と挙げると、ウエンツは「名監督とかにやってほしい。クリント・イーストウッドとか」とスケールの大きな人を推薦。予想斜め上をいくウエンツの提案に東野は「ドッキリしました…クリント・イーストウッドのドッキリなんて多分おもんないと思う」と呆れ顔だった。

最終更新:10/7(金) 7:00

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]