ここから本文です

「恐怖」から絵画を紹介する『怖い絵展』、書籍『怖い絵』が展覧会に

CINRA.NET 10/6(木) 19:59配信

『怖い絵展』が、2017年10月7日から東京・上野の森美術館で開催される。

『怖い絵展』は、ドイツ文学者・中野京子による書籍シリーズ『怖い絵』をもとにした展覧会。2007年にシリーズ1作目が刊行された同書では、「恐怖」をキーワードに据えて西洋美術史に登場する名画の魅力に注目している。

【もっと画像を見る(2枚)】

展覧会では書籍で取り上げた作品をはじめ、「恐怖」を主題とする作品をテーマごとに展示。視覚的に怖さが伝わる絵画、歴史的背景やシチュエーションを知ることで怖さが伝わる作品などを紹介する。

なお『怖い絵展』は上野の森美術館に先駆けて、2017年7月22日から兵庫・神戸の兵庫県立美術館で開催される。同展オフィシャルサイトでは『怖い絵』の著者である中野京子のコメントが掲載中だ。

CINRA.NET

最終更新:10/6(木) 19:59

CINRA.NET