ここから本文です

【ブラジル】ブラジルの出場枠拡大 リベルタドーレス

サンパウロ新聞 10/6(木) 5:11配信

 ブラジルサッカー連盟(CBF)は2日夜、南米のクラブチーム王者を決める大会「リベルタドーレス杯」へのブラジルのチームの出場枠が2017年大会から7チームに拡大されることが、同大会を主催する南米サッカー連盟(CONMEBOL)の会合で決まったと認めた。伯メディアが同日付で伝えた。

 ブラジルからの出場枠はこれまで、前年の全国選手権1部(Campeonato Brasileiro Serie A)の上位4チームと国内カップ戦「コパ・ド・ブラジル」(Copa do Brasil)の覇者を合わせた計5チームだったが、17年大会からは全国選手権1部の上位6チームとコパ・ド・ブラジルの覇者、合計7チームが出場することになる。

 リベルタドーレス杯はこれまで南米のクラブ38チームによって争われていたが、17年大会からは44チームに拡大する。これに伴って、ブラジルからの出場枠が二つ増えたほか、アルゼンチン、チリ、コロンビアからの出場枠もそれぞれ一つずつ増やされた。また、南米連盟が主催する「コパ・スル・アメリカーナ」(Copa Sul-Americana)の前年の覇者にも出場権が与えられることになった。

サンパウロ新聞

最終更新:10/6(木) 5:11

サンパウロ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。