ここから本文です

星野リゾートの山口県・長門湯本温泉の再生計画が策定、温泉ランクトップ10入りなど目標に一部施設は2019年開業へ

トラベルボイス 10/6(木) 11:00配信

星野リゾートはこのほど、山口県長門市の長門湯本温泉を対象とする「長門湯本温泉観光まちづくり計画」を策定した。この案件は、同社が2016年1月に長門市より受託したもの。2021年度の全体完成をめざし、2017年3月までには中核推進チームを創設。一部施設は2019年にオープンする予定だ。

【画像】地域の将来像

このほど開催されたプレス発表会では、同社の新規開業案件の発表の他、代表の星野佳路氏が計画のポイントを説明。特に、全国温泉ランキングトップ10を目標とするために、目目指すテーマを「自然を生かしながら魅力的な温泉街」としたことを強調した。自然とは、川沿いを散策できる地形を生かし、川沿いのそぞろ歩きと温泉をエリア一体で楽しめる街づくりだ。

トラベルボイス編集部

最終更新:10/6(木) 11:00

トラベルボイス