ここから本文です

漁解禁されたばかり 三重の特産品・伊勢海老を東京で堪能できる

AbemaTIMES 10/6(木) 17:26配信

真っ赤で大きな体に棘だらけの頑丈な殻、そしてがっしりとした触角に歩脚。高級食材として多くの人々に愛されている、三重県の特産品・伊勢海老が食べられる季節になった。伊勢海老漁が解禁となったのは今月の1日。「5月から9月は伊勢海老が卵を持っている。産卵期に入るため、資源を大切にするために禁漁にしている」と、全国一の産地である三重県で職員を務める福島頼子さんは、10月1日から漁を始める理由について述べる。

味については「冬に向けて段々美味しくなっていく」とのことである。

中央区日本橋にて三重県の特産品を扱った「三重テラス」がオープン中だ。イートインコーナーのレストランにて、伊勢海老を調理したグルメを食べることができる。

最終更新:10/6(木) 17:26

AbemaTIMES

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。