ここから本文です

X JAPANのToshl、自著「洗脳」は「人生の転機に」、又吉「優しい人柄が伝わってくる」

MusicVoice 10/6(木) 14:18配信

 X JAPANのToshlが初めてバラエティ番組のMCに挑んだ、フジテレビ系『Toshl Cafe 客は又吉 ~こだわりのメニューを作る旅~』が5日、放送された。Toshlはこのなかで、洗脳騒動を赤裸々に綴った自著『洗脳 地獄の12年からの生還』に触れ、自著伝が「人生の転機になった」と振り返った。

 Toshlが、カフェのマスターに扮してトークなどをおこなうバラエティ番組。この日は、芥川賞作家でお笑いユニット・ピースの又吉直樹(36)をゲストに招き、トークやお手製のフレンチトーストでもてなした。

 現在はX JAPANの活動のほか、ソロではゲーム音楽や企業の社歌作りにも携わるなど活動の場を広げているToshlだが2014年には、約12年の洗脳から抜け出したことを告白。その洗脳された期間の体験を赤裸々に綴った自著『洗脳 地獄の12年からの生還』(講談社)にもしたためた。

 この自著伝を読んだという又吉は「衝撃的な内容でした。読んでいるだけで、Toshlさんの優しい人柄がすごい伝わってきた」と率直な感想を述べると、Toshlは「弱っちいだけで。情けないだけで…。いろいろ自分をさらけ出すというか…。書かさせて頂いて良かったなと思う。人生の転機になった」と振り返った。

 これに対し、又吉は「勇気がいることだと思います。僕もあれが読めて良かった」と語った。また、姉がX JAPANの大ファンだったという又吉は、こういうシチュエーションでToshlに会えることが感慨深いと述べると、Toshlは恐縮するように「すみません」と口にした。

 洗脳騒動については今年6月、フジテレビ系『ダウンタウンなう』に出演時にも同時を回顧。洗脳騒動の団体に15億円を貢いだことや「暴力も自分の為にやってもらっていると思い込む」と巧妙なやり方を告白していた。

 また、2014年8月に放送された、TBS系『中居正広の金曜日のスマたちへ』では、「長い間、自分を見失っていた。その時はそれが必然だろうと自分に思い聞かせていた。今考えてみればかなりの極限の状態だったと思います」とも語っていた。

 なお、この日の『Toshl Cafe 客は又吉 ~こだわりのメニューを作る旅~』では、又吉のフレンチトーストにオーダーに応えるため、又吉と共に食材探しのロケにも挑戦。テレビでは初という長靴を履いての野菜収穫や、トラクターの運転にも初挑戦した。

 また、移動中の車内ではToshlは、最初にギターで弾き語りができるようになったのは、小学校4、5年の頃で、吉田拓郎の「旅の宿」だったことも明かした。

最終更新:10/6(木) 14:33

MusicVoice