ここから本文です

少年の部は男子が兵庫、女子は東京が優勝 [国体テニス]

THE TENNIS DAILY 10/6(木) 9:00配信

「第71回国民体育大会テニス競技(岩手大会)」(成年の部:盛岡市立太田テニスコート、少年の部:安比高原テニスクラブ/10月2~5日)の大会最終日は、成年男女の決勝と少年男女の準決勝・決勝、各順位決定戦が行われた。

成年男子は和歌山が三重を下して3連覇達成 [第71回岩手国体]

 少年男子決勝は第8シードの兵庫県が第3シードの滋賀県を2-1で、少年女子決勝は第8シードの東京都が第5シードの沖縄県を2-1で下して優勝を果たした。

 少年男子3・4位決定戦は第2シードの埼玉県が第4シードの東京都を2-1で、少年女子3・4位決定戦は第6シードの福岡県が第4シードの兵庫県を2-0で倒して3位入賞を決めている。

※都道府県名の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【少年男子決勝】

12兵庫県[8] 2-1 36滋賀県[3]
S1 ●羽澤慎治 4-8 ○清水悠太
S2 ○大島立暉 8-1 ●清水奎吾
D ○羽澤/大島 8-3 ●清水(悠)/清水(奎)

----------

【少年男子3・4位決定戦】

13東京都[4] 1-2 48埼玉県[2]
S1 ●武藤洸希 5-8 ○田中優之介
S2 ○田形諒平 8-5 ●木元風哉
D ●武藤/田形 8-9(5) ○田中/木元

----------

【少年男子準決勝】

12兵庫県[8] 2-0 13東京都[4]
S1 ○羽澤慎治 8-4 ●武藤洸希
S2 ○大島立暉 8-3 ●田形諒平
D 羽澤/大島 打切 武藤/田形

36滋賀県[3] 2-1 48埼玉県[2]
S1 ○清水悠太 9-8(4) ●田中優之介
S2 ●清水奎吾 3-8 ○木元風哉
D ○清水(悠)/清水(奎) 8-5 ●田中/木元

----------

【少年男子5・6位決定戦】

1神奈川県[1] 2-1 25大分県[6]
S1 ○野口莉央 8-2 ●田口涼太郎
S2 ●萩野颯太 2-8 ○横尾淳司
D ○野口/萩野 9-8(4) ●田口/横尾

----------

【少年男子7・8位決定戦】

24京都府[7] 0-2 41岡山県
S1 ●松田龍樹 3-8 ○星木昇
S2 ●藤井颯大 7-9 ○岡垣光祐
D 松田/藤井 打切 星木/岡垣

----------

【少年男子5-8位1回戦】

1神奈川県[1] 2-1 24京都府[7]
S1 ○野口莉央 8-2 ●松田龍樹
S2 ●萩野颯太 3-8 ○藤井颯大
D ○野口/萩野 8-5 ●松田/藤井

25大分県[6] 2-1 41岡山県
S1 ○田口涼太郎 8-3 ●星木昇
S2 ●横尾淳司 6-8 ○岡垣光祐
D ○田口/横尾 8-6 ●星木/岡垣

--------------------

【少年女子決勝】

12沖縄県[5] 1-2 37東京都[8]
S1 ●下地奈緒 6-8 ○小堀桃子
S2 ○我那覇真子 8-5 ●坂本はな
D ●下地/我那覇 4-8 ○小堀/坂本

----------

【少年女子3・4位決定戦】

24福岡県[6] 2-0 36兵庫県[4]
S1 ○宮原三奈 8-5 ●伊藤沙弥
S2 ○松本妃那 8-6 ●末野聡子
D 宮原/松本 打切 伊藤/末野

----------

【少年女子準決勝】

12沖縄県[5] 2-1 24福岡県[6]
S1 ○下地奈緒 8-4 ●宮原三奈
S2 ●我那覇真子 5-8 ○松本妃那
D ○下地/我那覇 8-1 ●宮原/松本

36兵庫県[4] 1-2 37東京都[8]
S1 ○伊藤沙弥 8-4 ●小堀桃子
S2 ●末野聡子 4-8 ○坂本はな
D ●伊藤/末野 5-8 ○小堀/坂本

----------

【少年女子5・6位決定戦】

16京都府 0-2 48埼玉県[2]
S1 ●清水柚華 5-8 ○松田美咲
S2 ●大塚芽生 2-8 ○清水映里
D 清水/大塚 打切 松田/清水

----------

【少年女子7・8位決定戦】

1島根県[1] 2-1 25三重県[7]
S1 ○細木咲良 8-5 ●吉岡希紗
S2 ●宮内理瑚 3-8 ○安部有紗
D ○細木/宮内 8-5 ●吉岡/安部

----------

【少年女子5-8位1回戦】

1島根県[1] 1-2 16京都府
S1 ○細木咲良 8-0 ●清水柚華
S2 ●宮内理瑚 2-8 ○大塚芽生
D ●細木/宮内 8-9(8) ○清水/大塚

25三重県[7] 0-2 48埼玉県[2]
S1 ●吉岡希紗 0-8 ○松田美咲
S2 ●安部有紗 0-8 ○清水映里
D 吉岡/安部 打切 松田/清水

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:10/6(木) 9:00

THE TENNIS DAILY

なぜ今? 首相主導の働き方改革