ここから本文です

4失点喫しての敗退などバルサには関係なし アルダ「バルサがUCLの優勝候補。セルタ戦はただの事故」

theWORLD(ザ・ワールド) 2016/10/6(木) 9:10配信

優勝候補筆頭と疑わず

リーグ戦を7試合消化した時点ですでに2敗。セルタに4失点を喫するなど、現在のバルセロナは少しばかり不安定な状態にある。さらにリオネル・メッシも負傷で離脱しており、開幕早々嫌な流れとなっている。しかし、徐々にバルサにフィットし始めたMFアルダ・トゥランは、バルサがリーグ戦やチャンピオンズリーグの優勝候補と疑っていない。

スペイン『as』によると、アルダはセルタ戦の4失点は事故のようなものと考えており、チームのクオリティに問題があるとは思っていないようだ。

「僕はバルサがチャンピオンズリーグ、国内リーグにおいて有力な優勝候補だと思う。セルタ戦の敗北はただのアクシデントさ。バルサは世界最高のクラブだ」

19日にはチャンピオンズリーグでジョゼップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティとの対戦も控えているバルセロナは、早いうちにリズムを取り戻したいところだ。アルダはセルタ戦の黒星をアクシデントと強調したが、すぐに本来の異常な強さに戻れるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:2016/10/6(木) 9:10

theWORLD(ザ・ワールド)