ここから本文です

将棋、公式戦でスマホ持ち込み&外出禁止に チェスや囲碁の場合は?

BuzzFeed Japan 10/6(木) 17:53配信

将棋プロ棋士の公式戦で、スマートフォンの対局室への持ち込みや利用が12月から禁止になる。

コンピュータソフトが急速に強くなる中、スマホを使った不正や“カンニング”を防止するための施策だ。

同じボードゲームのチェスや囲碁ではどのような対応をとっているのだろうか。
BuzzFeed Newsは、日本将棋連盟、日本チェス協会、日本棋院のそれぞれに現状を聞いた。

強くなる将棋ソフトとどう付き合うか

日本将棋連盟によると、12月に新たに追加する規則は(1)スマートフォンなどの電子機器を事前にロッカーに預けること、(2)対局中の外出の禁止、の2つ。

これまでは対局室の持ち込みは容認されており「着信音や振動が妨げにならないよう電源を切ること」という周知や、口頭での注意にとどまっていた。

数年前にも一度、電子機器の持ち込みを制限を検討する委員会を連盟内で立ち上げたが、当時は結論は出なかった。

今回、明確に規定を設けることになったのは、将棋ソフトの進化が大きいという。

将棋ソフトは近年急速に強くなっており、年に1度行われている人間とコンピュータの対局「電王戦」でもプロ棋士に勝利する率は上がっている。「棋士の間でも研究や検討に役立てている人は多く、実力は周知の事実」という。

手元のスマホで簡単に分析、検討できることから、トイレ休憩や昼休みなど席を立ったタイミングで、「次の一手」を“カンニング”する可能性を懸念したものだ。

「これまでは不文律として個人のモラルにまかせていたが、時代の流れ。棋士からの要望もあった」

新たな規定を作ることに対し、9月末に棋士60人にアンケートを実施。約6割の賛成があったことを踏まえ、連盟常務会であらためて協議し、決定したという。

公式戦は、長いものだと深夜にまで及ぶ。昼食、夕食休憩も含めた外出禁止に関しては「1日中、将棋会館にいるのは息苦しい」などの反対意見もあったが、総合的に判断したそうだ。

外部会場で実施するタイトル戦のルールは、主催者と協議して決めていくという。名人戦や王位戦など、2日間かけて行われるものもある。

プロ棋士の1人、野月浩貴七段はTwitterで「対戦相手と同じ部屋にならないよう、2つに分けてほしい」と要望している。

日本将棋連盟は、12月のルール変更までに「食事や喫煙場所の確保、休憩する環境の整備などに取り組んでいく」と話した。

1/2ページ

最終更新:10/6(木) 17:53

BuzzFeed Japan

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。