ここから本文です

部下に暴力で懲戒解雇 支払基金千葉支部の課長

千葉日報オンライン 10/6(木) 11:09配信

 公的医療保険の事務を担う「社会保険診療報酬支払基金」は5日、部下への暴言や足蹴りなどの暴力があったとして、千葉支部(千葉市)の50代の男性課長を懲戒解雇にしたと明らかにした。監督責任として同支部の部長2人と、本部の部長を1~3日の停職や12カ月間の昇給停止とし、3人の部長職を解いた。

 処分は3日付。課長は昨年5月ごろから部下の50代の男性職員に、ののしったり退職を迫ったりするパワーハラスメントを繰り返し、同年9月ごろから今年3月ごろまでは平手打ちや足蹴りなどの暴力をふるっていた。上司から注意を受けた後も、今年8月上旬までパワハラを続けていた。

最終更新:10/6(木) 11:09

千葉日報オンライン

なぜ今? 首相主導の働き方改革