ここから本文です

台湾を統治してきた日本に対し、台湾人はどのような思いを抱いているのか

AbemaTIMES 10/6(木) 17:46配信

(C)田澤文化有限公司 / (C)AbemaTV

「湾生」という言葉を聞いたことがあるだろうか。「湾生」とは、日本が統治していた時代の台湾で生まれ、その後日本へと引き揚げた日本人のことを指す言葉である。

ドキュメンタリー映画「湾生回家」が台湾で昨年公開、観客動員数16万人以上という大ヒットとなったという。映画では戦後、台湾を離れ日本で生きてきた湾生たちがかつての生まれ故郷を訪れる様子を追っている。

「湾生回家」の日本側プロデューサーを務めた内藤諭さんは取材をしていく中で、「湾生の方たちにとって台湾は故郷。嬉しそうにしていた」と述べる。また上映した際のことを「目を真っ赤にして出てくるお客さんが多かった。若い人たちが多かったのが意外だった」と振り返る。

その理由について、「台湾での歴史教育では日本に対し空白の時間がある一方、台湾に日本が残した文化は身近な生活にたくさんある」とした上で、「そうした不思議な謎を映画の撮影を機に解き明かし、見極めたいという想いがあった」と語るホァン・ミンチェン監督。「観客にも日本と台湾についてもっと知りたいという想いがあったことが大ヒットに繋がった要因の1つだと思う」と述べる。

台湾を統治してきた日本に対し、台湾人はどのような思いを抱いているのか。リャオ・カオレンさんは「日本は台湾を50年間統治してインフラを整備した。台湾の治安を改善し産業を発展させた点ははっきりしている」と述べる一方、「領土を広げるため東アジアを武力で征服した」と負の面を指摘する。

内藤さんは「なぜ台湾人は日本のことが好きなのか」という疑問を持って撮影に挑んだそうだ。「湾生の方たちの台湾への愛が戦後ずっとあるから、台湾の人たちも未だに日本に対して友好的な気持ちをずっと継続して持っていただけるのかなと思いました」そのような考えに内藤さんは行き着いたという。

「この映画で日本人に台湾との歴史、そして自分というものを考えてほしい」とホァン監督は語る。

映画は来月12日、東京岩波ホールにて公開。

最終更新:10/6(木) 18:36

AbemaTIMES