ここから本文です

ロッテ伊東監督、“下剋上宣言” CSへ「選手は暴れまくってくれるはず」

Full-Count 10/6(木) 7:40配信

「いい流れで北海道に乗り込みたい」

 願いはただ一つ。5日、楽天との最終戦で7-1の快勝し、今季を貯金「4」で終えたロッテ伊東監督は最終戦セレモニーで「中盤、故障者が出て、いっぱいいっぱいの戦い。何とか最低限のAクラスを確保したが、レギュラーシーズンで優勝できなかった分、選手は残りのCSで暴れまくってくれるはず」と期待感をふくらませた。

今季のロッテで活躍が光った選手は? チーム内投打成績一覧

 試合前から「最後はスカッとした形で勝ちたい」と言っていた通りに、スタンリッジが好投。不安だった打線もCSのオーダーと見られる清田、岡田の1、2番コンビで、4番デスパイネ、5番井口、6番ナバーロと一発が期待できるオーダーを組んだ。

 6回には角中の安打をきっかけに、打者一巡の猛攻で5得点。8回から西野、内のリリーフで、結局楽天打線を3回の三好のソロアーチだけに封じた。

「(CSまでに)やりたいことはいくつかあったが、あとは選手がチャレンジャー精神で、一つになって向かっていって、暴れてもらいたい。完全アウェーだが、自分自身を忘れず、冷静に戦ってほしい。涌井、石川で1、2戦をとって、いい流れで北海道に乗り込みたい」

 ソフトバンクとのファーストステージへ向け、6日に福岡に乗り込むロッテ。伊東監督は下剋上の幕開けを宣言していた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:10/6(木) 7:40

Full-Count