ここから本文です

【ラグリパWest!】学生諸君へ ラグビーに人生をかけているか?

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 10/6(木) 11:23配信

 今から30年ほど前、関西大学Aリーグは死闘の連続だった。同志社、大阪体育、京都産業。毎年この3チームが優勝を争った。
 中心は同志社だった。大学選手権では3連覇を含む4回の優勝記録があった。
 同志社のFLとしてその時代を生きた中尾晃(現同志社GM、関西大学リーグ副委員長)は振り返る。
「ほんま、俺らが学生の時は試合をすることが怖かった。特に体大のラック、京産はスクラムやったな」
 中尾は1985年入学。その後の4年間、花園、西京極、神戸中央(現ノエビアスタジアム神戸)などいたるところで僅差の激闘を経験する。中尾は続ける。
「体大の試合でラックに入るやん。『よっしゃキープできた』と思った瞬間、体大の奴が頭から飛び込んでくるのよ。ドカーンって。まるで魚雷。それが一発やない。ドカーン、ドカーンと続けざまに3人くらい来るのよ」
 大阪体育は、今ではオーバー・ザ・トップ(倒れ込み)に該当する体当たりをラックでかました。
 中尾は話す。
「試合が終わって、ジャージーを脱いだら、体は傷だらけ。むちゃくちゃ痛かった」
 荒っぽさは勝利追求の裏返しだった。

【ラグリパWest!】近鉄ライナーズ・高君の両親の鉄板焼き屋が開店(横浜・JR山手駅)

 大阪体育のFL永田克也は同志社戦前にジャージー姿を後輩にカメラで撮らせた。中尾の1学年上である。監督だった坂田好弘(現関西ラグビー協会会長)は怒鳴りつけた。
「試合前になにチャラチャラしてるんや!」
 後年、伊勢丹(現在は廃部)に入り、日本代表の下、日本選抜に選ばれる永田は答える。
「僕は死ぬつもりでこのゲームに出ます。もし、本当に死んだら、この写真を両親への形見にしたいんです」
 坂田の目はうるんだ。
 中尾の2学年上、FBだった村上晃一(現ラグビージャーナリスト)は坂田の言葉を覚えている。
「同志社に勝つことは、人生に勝つことや」
 試合に負けた日、坂田の妻・啓江(けいこ)はおびえた。
「あーあ、今晩はお父さんが怖い。どうしよう…」
 当時も今も仲睦まじい配偶者が恐れるほど、勝ちにこだわっていた。かけていた。
 それは選手も同じだった。

 京都産業の監督・大西健はチームに約2時間の朝練習を課した。そのため、以前は30年以上も朝4時に起き、5時前には教授として与えられている研究室に入っていた。
「どうして6時スタートなのに、5時に行く必要があるのですか?」
「トレーニングする柔道場のカギを開けてやらんといかんからね。意識の高い学生は5時半には来る。俺を待っているの」

 その京都産業で忘れられない光景がある。
 3時間ぶっ通しの8対8のスクラム練習で、選手たちはヘロヘロになり、殺気立っていた。4年生HOの「ダンジ」が1年生ながら右PRに抜擢された「おいどん」をスクラムバインドのまま投げ飛ばす。
「たのむし! 押せや! おまえのせいで、俺ら押せへんねん!練習が終わらへんねん!」
 110キロ近い体が転がされる。相撲場での稽古を見ているようだった。
 練習後、おいどんはしゃくりあげながら、スクラムサイドについていた大西の前に立つ。
「もうできません。辞めさせて下さい」
「それでええんか? おまえは自分の人生を投げ出すのか?」
 静かに聞き返した大西の姿においどんの涙は止まる。その夜、ダンジはおいどんを連れて、北大路の熊本ラーメンに行った。
 熊本・文徳高校出身のおいどんの好物を確認しての行動である。
 ダンジにすくい投げられても、泣いてもおいどんは逃げなかった。ラグビーにかけた。
 4年生になった2003年、コカ・コーラウエストジャパン(現レッドスパークス)から声がかかる。世界規模の一流企業に就職でき、九州代表に選ばれた。
 おいどんの名前は松尾健である。
 松尾は今年6月、地元で起こった地震による被災者を励ますため、元日本代表主将のSO廣瀬俊朗(東芝)らと小学校でタグラグビーを指導した。

 松尾をはじめ、たくさんの涙が作り上げたスクラムは京都産業の代名詞になる。
 中尾は言う。
「大西先生はずーっとこだわってきたやろ? かけてきたやろ? だからあのチームは勝ち負けに関わらず人を引き付けるんや」
 坂田も尊敬の念を込めて語ったことがある。
「今のAリーグのチームで、Bに落ちたことがないんは同志社と京産だけや」
 同志社はリーグ創設から、京都産業は1974年の昇格以来40年以上もAにいる。そのすべてを指揮したのは大西だ。
 67歳になった現在でも大西は朝練習に付き合う。今は京都洛西の自宅を出て、グラウンドから車で5分ほどの北山で一人暮らしをしている。理由は「朝練習に遅れないため」。長年連れ添った、料理上手の妻・迪子(みちこ)の元に帰るのは週1回しかない。

 10月2日、関西リーグの第2節で摂南は同志社に7-92と大敗した。
 ラグビーのベースであるセットプレー、特にスクラムで勝りながら、トライ数は1-14。試合後、ヘッドコーチの内部昭彦は、選手たちがストレッチをしている前で呆然と立ち尽くしていた。あまりの悔しさや自分に対する不甲斐なさで、そういうポーズになった。
 そのコーチの気持ちを理解する選手がどれだけいたのか。最初から同志社にかなわない、と思っていなかったか。そうでなければ、スクラム有利での大差負けは説明がつかない。内部の大学時代の恩師は坂田である。

 摂南には昨年、FL森山皓太がいた。
 同ポジションで、奈良・天理高校3年時の1984年度に高校日本代表の主将にも選ばれた中尾は振り返る。
「俺、あの子好きや。だって体張るもん」
 森山は昨年、京都産業、関西学院に開幕連勝した後、うれしさのあまり、1人グラウンドで号泣した。
 かけていた証しだった。
 就職先は中国電力。最初に声をかけてくれたチームに決めた。日本屈指のエネルギー会社に入れたのは、栄養満点の摂南飯を食べ、ラグビーに集中していたからである。
 開幕連敗の摂南は、今こそ先輩・森山の姿を思い出すべきだろう。

 摂南が同志社に大差で敗れた同じ日、関西学院は立命館に21-34で敗北した。0-29だった前半で試合は決まった。
 関西学院は開幕から2試合、GMの大石修が監督代行をつとめている。今年度から監督になった大学職員の大賀宏輝は8月の長野・菅平での夏合宿に参加していない。10月9日の第3戦・天理戦で復帰予定だが、現在はOB会の裁定により指導停止中である。
 学生と首脳陣との間に指導方法を巡り、確執があったからだ。
 それ自体は構わない。もともと、関西学院は学生主体のチームであるし、体制に反抗するエネルギーは若さの特権でもある。

 ただし、反抗には責任がつきまとう。
 OB会が主導して選んだ指導者を拒否したのなら、学生自身が自らを律して、成績を残さなければならない。
 グラウンドのある上ヶ原にはケガのリハビリをする部員がいる。彼らは女子トレーナーの周囲で遊んでいるように見える。
 ケガ人は1日も早く治療を終え、チームに復帰するべきだ。それはチームや他の部員たちのためでもある。迷惑をかけているという思いがあるのなら、歯を見せず、しかめっ面で、一心不乱にリハビリに励むべきだろう。ケガの部位も、軽重も、回復具合も違うのに、群れ集まって復帰へのトレーニングをしている姿は理解できない。甘っちょろい。
 かけるということは、「革新」と書かれた横断幕に決意を書き込むことではない。
 女子スタッフを含めた1人1人がラグビーを生活の中心に据え、日々を過ごすことだ。寝ても覚めてもラグビーを考える。異性やゲームに流れず、青春のすべてを捧げる。
 そして、その思いは自分の胸に秘める。人に知らせる必要はない。物のわかった人が見れば、その気持ちは必ず伝わる。

 立命館戦では主将でもあるSO清水晶大のタックルが光った。特に後半22分、スクラムサイドを突いて来た相手に前のめりに刺さった。1年時、ディフェンスではFB高陽日(こ・やんいる、現大阪ガス)とポジションチェンジしていたひ弱さはない。「タックルに行かない」という噂を聞いていたが、体をガツガツ当てていた。左ヒザには肌色のテーピングがぐるぐる巻きになっている。
「ディフェンスがよくなったね。だいぶ練習した?」
 質問には短く返す。
「立場だけです」
 4年生になって、主将になった中で起こった不協和音。それを「雨降って地固まる」という言葉さながらに、もめ事を良い結果に導くべく、清水は苦手な守りを磨く。
 その姿は最終学年にかけているように映る。

 関西リーグではここ数年、わずかな例を除き、出し尽くして試合後にグラウンドで倒れたり、悔し涙にぬれたような、かけた選手に出会った記憶がない。
 同じ大学生でも帝京はかけている。だからこそ選手権8連覇に挑めるのだ。ラグビーへの向き合い方の差が、大学選手権における関西枠の削減(5→3)にもつながっている。
 かければすべてが変わる。
 それは、「命がけ」ということなのだ。そして、その期間は長い人生のたった4年である。
 かければ、レギュラーになれ、試合で勝てる。選手権にも出られる。自分の好きな就職先を選べる。そのステージに応じた美しい異性も現れる。可能性が広がる。
 もちろん、かけたからといってすべてが自分の思い通りにはいかない。みんながみんな成功者になるほど人生は甘くない。
 それをわかった上で天理大学柔道部監督の穴井隆将は言う。
「世の中、報われない努力はたくさんある。でも自分にとってムダな努力は1つもない」
 ここでの「努力」は「かける」に置き換えられる。
 少なくとも、成人式前後で勝負をあきらめるのは早すぎる。人生において負け犬になるのはもう少し先でいい。
 学生諸君、大学で真剣なラグビーを選んだのなら、かけようぜ。

(文:鎮 勝也)

最終更新:10/6(木) 11:23

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。