ここから本文です

ミュラーがバグダティスから初勝利、準々決勝はキリオス [楽天テニス]

THE TENNIS DAILY 10/6(木) 14:30配信

「楽天ジャパンオープン」(ATP500/本戦10月3~9日/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/賞金総額136万8605ドル/ハードコート)のシングルス2回戦で、ジル・ミュラー(ルクセンブルク)がマルコス・バグダティス(キプロス)を6-3 6-4で倒してベスト8進出を果たした。試合時間は1時間11分。

錦織がまさかの途中棄権、今後のスケジュールにも不安 [楽天ジャパンオープン]

 両者は今回が4度目の対戦だったが、ミュラーがバグダティスから初勝利を挙げた。今シーズンは6月に全仏オープン(フランス・パリ/クレーコート)の1回戦で対戦し、バグダティスが7-5 6-4 6-1で勝っていた。

 今大会には3年連続5度目の出場となる33歳のミュラー。昨年は自己最高の準決勝進出を果たし、優勝したスタン・ワウリンカ(スイス)に4-6 6-7(5)で敗れていた。1回戦では前週のシンセン(ATP250/ハードコート)を制したばかりだった第3シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)を7-6(7) 6-1で破っていた。

 ミュラーは準々決勝で、第6シードのニック・キリオス(オーストラリア)と対戦する。キリオスは2回戦で対戦予定だったラデク・ステパネク(チェコ)が腰のケガで棄権したため、不戦勝で勝ち上がっている。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:TOKYO, JAPAN - OCTOBER 06: Gilles Muller of Luxembourg reacts during the men's singles second round match against Marcos Baghdatis of Cyprus on day four of Rakuten Open 2016 at Ariake Colosseum on October 6, 2016 in Tokyo, Japan. (Photo by Arrow Press/Getty Images)

最終更新:10/6(木) 14:30

THE TENNIS DAILY

なぜ今? 首相主導の働き方改革