ここから本文です

モンフィス 左足首捻るも、苦手シモン破り8強へ<男子テニス>

tennis365.net 10/6(木) 16:06配信

楽天ジャパン・オープン

男子テニスの楽天ジャパン・オープン(東京/有明コロシアム、ハード、ATP500)は6日、シングルス2回戦が行われ、第2シードのG・モンフィス(フランス)がG・シモン(フランス)を6-1, 6-4のストレートで破り、ベスト8進出を果たした。

【ジョコ戦のモンフィスに非難】

この日、モンフィスは第1セットをあっさり先取したが、第2セットはシモンの強打に押されてリードを許す。第5ゲームの30-30の時には、サーブ・アンド・ボレーをした時に左足首を捻ってしまい、試合は一時中断。

試合続行が危ぶまれたが、息を吹き返したモンフィスが5ゲームを連取し、4連敗中だったシモンをストレートで下した。

対戦成績はモンフィスの2勝6敗。

準々決勝では、第7シードのI・カルロビッチ(クロアチア)とJ・ティプサレビッチ(セルビア)の勝者と対戦する。

30歳のモンフィスは2010年の楽天ジャパン・オープンで準優勝しており、今年は初戦敗退した2013年以来3年ぶりの出場。

また、今シーズンのモンフィスは好調で、シティ・オープン(アメリカ/ワシントン、ハード、ATP500)で約2年半ぶりのツアー優勝を飾り、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、グランドスラム)では8年ぶりの四大大会4強入りを果たした。

今大会は第1シードの錦織圭(日本)が2回戦で臀部の痛みにより棄権。第3シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)と第8シードのF・ロペス(スペイン)は初戦で敗れている。

tennis365.net

最終更新:10/6(木) 16:06

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。