ここから本文です

世界のホテル名門ブランドに日本の旅館2軒が加盟、ルレ・エ・シャトーが新メンバーホテル&レストランを発表

トラベルボイス 10/6(木) 17:01配信

ルレ・エ・シャトーはこのほど、新たに世界13か国22軒のホテルとレストランの加盟を発表した。日本からは4軒。ミシュラン2つ星の「ドミニク・ブシェ トーキョー」(東京)、銭屋(金沢)の2つの飲食店のほか、「西村屋本館」(兵庫・城崎温泉)、「天空の森」(鹿児島・南きりしま温泉)の2軒の旅館が加盟した。

西村屋本館は創業150年の純日本旅館。数奇屋の和室や日本庭園、露天風呂とともに、地元食材を同館伝統の手法で調理した懐石料理が有名だ。一方、天空の森は東京ドーム13個分の広大な敷地に5つのヴィラが点在する温泉リゾート。すでにルレ・エ・シャトーに加盟し、近隣に立地する「忘れの里 雅叙苑」の同じオーナーが経営している。

なお、ルレ・エ・シャトーは、個人経営の高級ホテルや一流レストランが加盟する協会で、世界で540軒以上が加盟。日本は今回の新規加盟で計20軒に拡大した。このうち旅館は「あさば」(静岡・修善寺)、「強羅花壇」(神奈川・箱根)など含め、計9軒となった。

トラベルボイス編集部

最終更新:10/11(火) 12:44

トラベルボイス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。