ここから本文です

X JAPANのToshl、過去の“洗脳体験”に言及「情けないんですけども」。ピース又吉「優しい人柄が伝わってきた」

E-TALENTBANK 10/6(木) 20:50配信

5日深夜放送のフジテレビ系「Toshl Cafe 客は又吉~こだわりのメニューを作る旅~」で、X JAPANのToshlが、自身の洗脳体験を書いた著書について話をする場面があった。

同番組は初回放送となり、Toshlはカフェのマスターいう設定でピースの又吉直樹が客として来店した。店内の雰囲気をみた又吉は「僕こういう雰囲気ある店大好き」と高評価だった。一方Toshlは初のバラエティ番組MCを務めることで、今までのどんなステージよりも緊張しているとこぼした。

Toshlが実際にサイフォンでコーヒーを入れていると、又吉はToshlの著書「洗脳 地獄の12年からの生還」(講談社)を読んだとして「ホント衝撃的な内容だったんですけど、読んでるだけでToshlさんの優しい人柄が伝わってきた」と感想を伝えると、Toshlは「弱っちいだけで情けないんですけども」と謙遜する。しかしToshlは自分をさらけだすことができたとして、「人生の転機になりました」と前向きに語った。

これに又吉は「凄く勇気がいることだと思うんですけど、読めてよかったなと思いました」というと、Toshlは改めて又吉に感謝の言葉をかけていた。

また、又吉は小さいときからX JAPANのファンだった自分が、いつか会えるという希望は持っていたが、マスターと客という立場でカウンター越しに会うというシュールなシチュエーションは想像できなかったと言い「不思議な感じがする」と感想を漏らすと、ふたりは笑い合っていたのだった。

最終更新:10/6(木) 20:50

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]