ここから本文です

【MLB】イチロー、新契約も打席数に基づく出来高付き 最大2年総額10億円超えも

Full-Count 10/6(木) 22:14配信

米記者が伝える、年俸は1年2億も…出来高は最大で単年3億1200万円

 5日(日本時間6日)にマーリンズと最長2018年まで延長可能な契約を更新したことが分かったイチロー外野手。2017年の契約は年俸200万ドル(約2億600万円)と報じられているが、実は打席数に基づく出来高が盛り込まれており、最大で合計500万ドル(約5億1800万円)に達すると地元メディアが報じている。今回、オプションとして追加された2018年の契約も同様で、2年総額1000万ドル(約10億3600万円)に達すると、米スポーツサイト「SBネーション」のクリス・コティージョ記者が伝えている。

イチローは歴代単独25位…MLB歴代通算安打数ランキング

 今月22日に43歳の誕生日を迎えるメジャー最年長野手に対し、マーリンズは来季以降の契約で2億600万円の基本給に加え、インセンティブも盛り込んでいたという。シーズン総括の記者会見に出席したサムソン球団社長は、イチローが50歳までの現役続行願望を持っていることを明かし、新たに球団が選択権を持つ2018年の契約オプションが追加されたことを報告。これを受けて、コティージョ記者は自身のツイッターで「イチローは来季とオプションで含まれている18年も同様に、打席数に応じて300万ドルのインセンティブを手にすることができる」と伝えた。

 イチローは、マーリンズと初めて契約を結んだ2015年も、打席数に応じた出来高が手に入る内容を盛り込まれており、その年は438打席で計120万ドル(約1億2440万円)の出来高を獲得していた。今季も同様のインセンティブがついており、365打席だったため100万ドル(約1億360万円)を獲得。来季以降も活躍次第では、総額で基本年俸の2.5倍が手に入ることから、コティージョ記者は「イチローはすべてのインセンティブを達成すれば、2年間で1000万ドルを手にすることができる。白髪の男にとっては悪くない」ともツイートしている。

 マーリンズはスタントン、イエリッチ、オズナとメジャー屈指の外野手トリオを擁しているが、今季も第4の外野手という位置付けのイチローは故障知らずの鉄人ぶりを見せている。来季はどこまでインセンティブを掴み取ることができるだろうか。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:10/6(木) 22:14

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。