ここから本文です

ウェールズのEUROベスト4入りはラッキーだったのか オーストリア監督「ウェールズは時にラッキーだった」

theWORLD(ザ・ワールド) 10/6(木) 20:20配信

6日に欧州予選で対決

今夏フランスで開催されたEURO2016では、ガレス・ベイルやアーロン・ラムジーを擁するウェールズ代表がベスト4まで勝ち進んだ。これは大きなサプライズとなり、ウェールズには2018ワールドカップ出場の期待もかかる。

しかし、ウェールズのベスト4入りはラッキーだったと見ている者もいる。それが6日におこなわれるワールドカップ欧州予選でウェールズと対戦するオーストリア代表指揮官のマルセル・コラーだ。

英『Daily Mirror』によると、コラーはEUROでのウェールズには多少の幸運があったと主張。試合に勝つには多少の幸運が必要との見方を示している。

「私はこの試合に勝つことができると思う。勝負ではラッキーも必要なんだ。それを我々はEUROで見てきた。ウェールズは時にラッキーだったし、相手のシュートがポストに当たったりするようなラッキーが必要なんだ」

ただし決してウェールズを過小評価しているわけではなく、ベイルのような危険な選手を抱えるチームだとリスペクトも忘れてはいない。コラーはベイルをできる限り抑えたいと複数人で取り囲む案を考えているようで、相手のエースを警戒している。

「ベイルはEUROで見たように1人で試合を決められる選手だ。我々は1人だけでベイルを見ることはしないよ。2~3人を彼の近くに置き、90分間できる限り彼を抑えたい」

ベイルだけでなく、今のウェールズは最終ラインから前線まで曲者が揃う。EURO2016でベスト4まで進んだのは幸運だけが理由ではないはずだ。オーストリアにも魅力的なタレントが揃っているが、コラー率いるオーストリアは波に乗るウェールズを抑えられるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:10/6(木) 20:20

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報