ここから本文です

自分らしさを書道で表現 60点展示、9日まで

カナロコ by 神奈川新聞 10/6(木) 8:45配信

「自分らしさを言葉と書で表現する」をモットーにした秋水書道会の書道展が5日、JR川崎駅東口のアートガーデンかわさきで始まった。好きな詩や自身の体験など、誰でも読めて分かりやすい作品約60点が並ぶ。9日まで。

 24回目の今年は「今、わたしは…」がテーマ。「道草をくう」「夢にむかってゆっくり歩む」といった言葉や、ハワイで感動した景色の様子など、会員ら約30人が自由に自己表現した。目録では出品者の作品への思いや日々の暮らしぶりも紹介している。

 主宰の元川崎市立小学校教諭で書道家、笠原秋水さん(79)=同市麻生区=は「書道に関わりがない人や子どもにも伝わるよう、平仮名も交えて表現している。作者の人柄と合わせて見てもらえれば」と来場を呼び掛けている。

 午前10時から午後5時50分まで(最終日は同4時50分まで)。入場無料。

最終更新:10/6(木) 8:45

カナロコ by 神奈川新聞