ここから本文です

人気ゲーム『ギアーズ オブ ウォー』、映画化企画が進行中

クランクイン! 10/6(木) 12:00配信

 マイクロソフトのXbox用サードパーソン・シューティング・ゲーム『ギアーズ オブ ウォー』が、米ユニバーサル・ピクチャーズによって映画化されるという。シリーズ最新作の第4弾『Gears of War 4(原題)』の北米リリースに先駆けて行われたライブストリーミング・イベントで、マイクロソフトより発表があったとDeadlineやVarietyなどが伝えた。

【関連】『ストII』『マリオ』『FF』もハリウッドで映画化!人気ゲームが原作の映画<フォト特集>


 映画『テッド』(13)のスコット・ステューバーと映画『オブリビオン』(13)のディラン・クラークが製作を務めることは決まっているが、監督や脚本家らは未定とのことだ。詳細は不明だが、マイクロソフトのロッド・ファーガソン氏の話では、映画版はこれまでに発売された特定のエディションに基づくものではなく、ゲームの舞台になっている架空の惑星セラで巻き起こる新たなストーリーを描くという。

 ゲーム版『ギアーズ オブ ウォー』は2006年に発売された第1弾、2008年の続編、2011年の最終章のトリロジーとなっており、現地時間10月11日に発売される『Gears of War 4(原題)』によって新たなトリロジーが幕を開ける。オリジナルシリーズは惑星セラで混沌とした時代に生きるマーカス・フェニックス率いる不屈の兵士達が、人類を攻撃する異種族ローカストを相手に戦いを繰り広げる。

 映画化の話は1度、2007年にも浮上した。当時はニュー・ライン・シネマのもと、映画『アンダーワールド』シリーズのレン・ワイズマン監督がメガホンを取ることに決まっていたが実現しなかった。

最終更新:10/6(木) 12:00

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]