ここから本文です

来季F1シート未定のウェーレイン、残留に自信「メルセデスは僕に満足している」

オートスポーツweb 10/6(木) 17:05配信

 マノーF1のドライバー、パスカル・ウェーレインは、メルセデスは自分が2017年のF1グリッドに並べるよう動いてくれるはずであるとして、全幅の信頼を示した。

メルセデスF1、トラブル原因を特定。鈴鹿で全ユーザーの新PU搭載を中止に

 日本GPを含め残り5戦、あと8週間で今季が幕を降ろすが、ウェーレインは2017年F1シーズンに向けてシートを確保していない数少ないドライバーのひとりである。

 ウェーレインが在籍するマノーは、来季のドライバーラインアップに関しての決断を遅らせる見込みではあるものの、メルセデスの育成ドライバーであるウェーレインとエステバン・オコンの両者を残留させたいという意向を示している。

 2017年のシート確保に対する自信のほどを尋ねられたウェーレインは、「何よりもまず自信はある。そう感じているんだ」と答えた。
「僕はメルセデスのドライバーであり、彼らはみな僕に満足している」

「彼らはやれることをやり、来季の僕にとってベストな選択肢を見つけてくれるだろう。だから来年の心配はしていない。いい感じだよ」

「今季は良い結果を残してきているし、みんな満足している。でも誰もが知っているとおり、F1はいつも楽な展開になるとは限らない」

「何が起こるか見ていこう。でも僕としては自信があるし、ここまでのシーズンにも、マノーとメルセデスのどちらのチームにも満足している」

 DTMにおいてメルセデスで戦い、2015年にチャンピオンを獲得したウェーレインは、メルセデスからは、今年はF1で戦うこつを学ぶことに専念するようアドバイスされたという。

「最大の目標はできるだけたくさん学習することだった。なぜなら僕にとって今年が初めてのF1だし、シングルシーターで戦うのは3年ぶりだったから」とウェーレイン。彼はオーストリアGPで1ポイントを獲得、それがマノーにとって2016年ここまで唯一の入賞となっている。

「マシンに慣れるのには時間がかかる。サーキットにも慣れなければならない。DTMに出場していたけど、カレンダーに含まれていたF1サーキットはホッケンハイム、ブダペスト、シュピールベルクだけなんだ。それ以外はすべて僕にとっては初めて走るサーキットということになる」

「だから僕は車、サーキット、F1、タイヤ──これまで一度もピレリタイヤで走ったことがなかった──、そしてF1の仕組みなど、いろいろなことを学ばなければならなかった」


 ウェーレインは、マノーについて、自身がテストドライバーを務めるメルセデスワークスチームと比べて、資金面と人材面の両観点において限られたリソースしかないことを考えれば、「期待以上の仕事」をしていると感じている。

「メルセデスとマノーを比べるのはとても難しいよ。フェアな判断にはならないよね。だって、メルセデスにはとても大勢のスタッフがいる。たぶん700人か750人以上の人たちがシャシーを担当し、750人のスタッフがエンジンを担当している」とウェーレイン。

「今、マノーにいるのは170人だ。今季に入ってから増えたけど、それでもまだ(メルセデスとは)別世界だ」

「たとえば、メルセデスでは4人か5人でするのと同じことをマノーでは1人でしなければならないとしたら、もちろん違うよね」

「規模を考えれば、僕らはすごくいい仕事をしていると思う。メルセデスや他のトップチームと戦っているわけではないけれど、2倍の数のスタッフがいるザウバーを相手に戦っている。僕らはかなり高い競争力を発揮していると思う」

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/6(木) 17:07

オートスポーツweb