ここから本文です

アロンソ「より創造的になったホンダF1と、できるだけ早く勝利を」

オートスポーツweb 10/6(木) 20:35配信

 ホンダF1はライバル3社とのギャップを縮めようとするなかで、パワーユニットのデザインに関してよりクリエイティブになり始めていると、マクラーレンのフェルナンド・アロンソが語った。

2016年日本GP木曜 準備されるフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)のマシン

 ホンダとメルセデス、フェラーリ、ルノーの間にはまだギャップがあるものの、苦戦した2015年に比べると、今年は大きく前進した。
 マクラーレンとの協力体制も強化され、ホンダのアップデートは着実にパフォーマンスと信頼性の向上をもたらしている。ホンダは自信を高め、それによって以前より保守的ではなくなってきていると感じる、とアロンソは述べた。


「彼らは自分たちのプログラムに従って仕事を進めてきた」とアロンソは日本GPを前に語った。

「僕らとしては、あれやこれや何もかもを欲しいと思うから、苛立つような時もあった。でもF1には魔法のような解決法はない。何をするにも時間がかかるんだ」

「彼らはいい仕事をしている。力を最大限尽くしているんだ」
「結果が出てきている。前よりも、いろいろと考えをめぐらすようになっている。デザインや進展に関してより創造的になってきている」


 マクラーレン・ホンダは現在ランキング6位、予選では安定的にQ3を狙い、入賞圏内に入ることが多くなってきている。そういう状況に勇気づけられているというアロンソだが、来年はもっと高いところを狙えるようになる必要があると語った。

「今年の進歩には満足している。フォース・インディアやウイリアムズといった、トップグループのすぐ下の、競争力の高いチームと戦えるようになった」

「去年と比べると大きな進歩だ。だが来年はもっと大きなステップを踏む必要がある。つまり予選Q3や入賞圏内の下位という位置から、表彰台や優勝を狙えるようになりたい」

「それは可能だと思っている。僕らにはポテンシャルも、設備も、才能ある人材も揃っている」
「僕らが勝てるようになるのは時間の問題だ。それをできるだけ早く成し遂げようとしている。どうなるか見ていこうじゃないか」
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/6(木) 20:54

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]