ここから本文です

スポーツ吹矢が人気

紀伊民報 10/6(木) 17:01配信

 「スポーツ吹矢」を楽しむ人が増えている。昨年の和歌山国体でデモンストレーションスポーツになり、注目された。年齢性別を問わず楽しめて、健康にも良いとされている。

 和歌山県上富田町岩田の上富田中学校武道場で4日、白浜町、すさみ町、上富田町の中学校の特別支援学級に通う生徒30人がスポーツ吹矢を体験した。

 生徒に見本を見せたのは、県スポーツ吹矢協会紀の国のぞみ支部(田辺市)の会員で、田辺市たきない町の障害者就労支援作業所に通う高地卓也さん(43)と桑原佳宏さん(37)。長さ120センチの筒を両手でゆっくり持ち上げながら深呼吸し、30秒に1本のペースで5本の矢を吹き、6メートル先の的に次々と当てていった。



 【スポーツ吹矢】 5~10メートル離れた円形の的をめがけて矢を吹き、得点を競う。腹式呼吸を取り入れた「スポーツ吹矢式呼吸法」は、血行促進など体に良い影響を与え、精神力や集中力が身に付くといわれる。

最終更新:10/6(木) 17:01

紀伊民報