ここから本文です

「プレッシャーはいつも以上」 吉田麻也、ホームでのイラク戦は「勝つしかない」

SOCCER KING 10/6(木) 0:16配信

 2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選第3節のイラク代表戦を翌6日に控え、日本代表DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)が前日練習後にコメントした。同選手は「勝つしかないです」と力を込め、勝利を誓った。

 1-2と敗れた第1節のUAE(アラブ首長国連邦)戦以来となるホームゲーム。重圧のかかる一戦を前に、吉田は「追い込まれていることは間違いないので…。追い込まれているというか、1敗している分、プレッシャーはいつも以上にあると思いますが、ホームの代表戦なので勝つつもりでいます。明日もゲームのアプローチは変わらないですし、状態も変わりません」とコメント。プレッシャーの存在を認めつつ、勝利への意欲を語った。

 今節は日本のホームゲームということもあり、イラク代表は守備的な戦術を採ってくる可能性が高いと見られている。吉田は最終ラインでのビルドアップの重要性について「UAE戦みたいにならないように、なるべく速くボールを動かして、相手をなるべく横に動かして(相手の)運動量を増やすようにしたいと思います。ボールを速く動かすことで、横にズレた時にタテにボールを入れるようなボールの回し方が大事になってくると思います」とプレーを展望した。

 そして、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が選手に対してどのようなアプローチで接しているか、との問いには「(就任後)1年以上を過ごしてきて、良いところや日本人に対してどういうアプローチをするのかを理解してくれているし、一方的に自分の要求をぶつけてくるのではなくて、僕たちの要求にもしっかり耳を傾けてくれている。良くはなっていると思いますし、ザック(アルベルト・ザッケローニ元監督)さんとかアギーレ(ハビエル・アギーレ前監督)さんもそうでしたけど、ヨーロッパの監督は日本のアジアでの戦いの難しさを予選を通して学んでくれるので、アジャストしてくれていると思います」と、信頼を口にした。

 そして、仮に10月の2連戦で思うような結果が出なかった場合、監督解任論が発生するのではないかとの質問には、「負ければそういう声が出てくる。監督もかなりリスクを背負って、UAE戦で新しい選手を使ったし、タイ戦でもFWを変えたりして、すごくチャレンジをしてくれていると思います」と話し、以下のように続けた。

「なかなかそういうことができる監督はいないと思うので、僕たちも応えていかないといけないし、そのためには勝つしかない。いろんなことを言われているのはもちろん知っていますけど、勝てばいろんなものもシャットダウンできると思うので、勝つしかないです」

SOCCER KING

最終更新:10/6(木) 0:16

SOCCER KING

なぜ今? 首相主導の働き方改革