ここから本文です

メルセデス・ベンツ、新型Eクラス初のAMGモデル「E 43 4MATIC」を発売

オートックワン 10/6(木) 15:54配信

メルセデスAMG 43シリーズの中で最もハイパフォーマンスなエンジンを搭載

メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデスAMG E 43 4MATIC」を発表し、10月6日より注文の受付を開始する。価格(消費税込)は1149万円、納車開始は2016年10月下旬以降を予定している。

このニュースのフォトギャラリー

「メルセデスAMG E 43 4MATIC」は、新型Eクラスの「メルセデスAMG」ブランドとして発表される最初のモデル。メルセデスAMGが専用開発した高性能V6エンジンとパフォーマンス志向の四輪駆動システム「AMG 4MATIC」を搭載し、走行性能、快適性能、環境性能などトータルバランスに優れている。

メルセデスAMGが専用開発した3.0L V6 直噴ツインターボの高性能エンジンは、アルミニウム合金製のクランクケースとシリンダーヘッドの採用により軽量化を図った。

また、シリンダーウォールには、F1でのタイトル獲得にも貢献しているスチールカーボン材を溶射コーティングすることで大幅に摩擦損失を低減するNANOSLIDE加工が施されている。

最大圧力200barのピエゾインジェクターを用いたスプレーガイド式燃焼システムによる燃料の最適噴射と、マルチスパークイグニションの確実な点火によって、常に最適な燃焼状態とすることで、メルセデスAMG 43シリーズの中で最もハイパフォーマンスな、最高出力401PS(295kW)、最大トルク520N・m(53.0kgf・m)を発揮し、0-100km/h加速は4.6秒を実現した。

さらに、高性能エンジンのパワーを四輪に最適配分するメルセデスAMGが開発した四輪駆動システム「AMG 4MATIC」を搭載し、前後トルク配分が31(前):69(後)というリア寄りのトルク配分により、ハイパワーを四輪へ最適に配分。

発進時はもちろん高速走行、ハイスピードコーナリング、そしてコーナーの立ち上がり加速などにおいて絶対的な安定性を誇り、思いのままのドライビングを楽しめる。

フロントグリルには、ダイヤモンドグリルとシングルルーバーの専用デザインが採用され、Eクラスとしては初となる20インチの大径ホイールを備える。また、ハイグロスブラックパーツによってスポーティで引きしまったエクステリアとした。

インテリアには、新型Eクラスの上質感をそのままにスポーティな専用インテリアトリムが採用された。加えて、ホールド性が良好なスポーツ走行にも適したシートには、手触りも良い高品質ナッパレザーが用いられている。

最終更新:10/6(木) 15:54

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。