ここから本文です

韓国サムスン電子を標的、エリオット・マネジメントが事業再編迫る

Bloomberg 10/6(木) 0:27配信

韓国のサムスン電子はアクティビスト(物言う株主)として知られるヘッジファンド運用会社エリオット・マネジメントから事業の再編を迫られている。同社の事業はスマートフォン「ギャラクシー」をはじめ、テレビや半導体、画面ディスプレー、この他の家電製品に及ぶ。

エリオットの関連会社であるブレーク・キャピタルとポッター・キャピタルは5日、サムスンの取締役会に宛てた10ページの公開書簡で、合理化と2社への分割を要請するとともに、30兆ウォン(約2兆8000億円)の配当支払いやナスダック市場への事業会社の二重上場、取締役会に3人の外部メンバーを加えることも求めた。

サムスンは長年にわたって会長を務めてきた李健煕氏が入院中で事業運営に関与していないほか、新型スマホ「ギャラクシーノート」がバッテリー不具合による発火問題でリコール(無料の回収・修理)を迫られ対応にあたっている。

エリオットが経営権を握る両関連会社はサムスンの約0.62%を保有する。

原題:Samsung Targeted by Elliott Management to Restructure (1)(抜粋)

Beth Jinks, Adam Satariano

最終更新:10/6(木) 0:27

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。