ここから本文です

ドル・円は103円台半ば、年内米利上げ観測が支え-米雇用統計見極め

Bloomberg 10/6(木) 11:57配信

6日の東京外国為替市場では、ドル・円相場が1ドル=103円台半ばで底堅く推移。経済指標の改善を受けた米国の年内利上げ観測が相場を支えた。

午後3時53分現在のドル・円相場は前日終値比0.1%高の103円55銭前後。午後に入って一時103円65銭まで円安・ドル高が進む場面があった。前日のニューヨーク市場では一時103円67銭と9月6日以来のドル高値を付けた。

SBI証券市場金融部の相馬勉部長は、ドル・円の上昇基調に関して、「米利上げをめぐる発言が1番大きい。また日銀が10年債利回りの目標をゼロ%近辺にして金利が固まり、為替相場は動きやすくなった。原油価格も上昇している。今のところは米利上げ観測でリスクオンという感じ」と説明した。もっとも「一方向に上がっていくわけでもない。あすの米雇用統計発表を控えて利上げが可能なのかを見極めたい」とも語った。

米労働統計局は7日、9月の雇用統計を発表する。ブルームバーグが実施した事前調査によると、非農業部門雇用者数は前月比17万2000人増加が見込まれている。8月は15万1000人増加だった。

三井住友銀行市場営業部NYトレーディンググループのグループ長の柳谷政人氏は、米雇用統計について、「ADPの数字をベースにすると、ちょっと不安」としながらも、「失業保険統計などをみると強めだったので、それをベースにすると良さそうだ」と分析した。

米給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートが5日発表した給与名簿に基づく集計調査によると、9月の米民間部門の雇用者数は15万4000人増加となった。市場予想中央値は16万5000人増加だった。

一方、米供給管理協会(ISM)が同日発表した9月の非製造業総合景況指数は57.1と市場予想の53を上回り、昨年10月以来の高水準となった。 国勢調査局による8月の製造業受注と耐久財受注も市場予想を上回って増加した。ドル・円はこうした経済指標の発表を受けて7営業日続伸となった。

1/3ページ

最終更新:10/6(木) 16:00

Bloomberg

なぜ今? 首相主導の働き方改革