ここから本文です

ドイツ製造業受注指数、8月は大幅上昇-内需が回復

Bloomberg 10/6(木) 15:32配信

ドイツの8月の製造業受注はエコノミスト予想を上回る伸びとなった。幅広い内需の回復が寄与した。

ドイツ経済省が6日発表した8月の製造業受注指数は、季節・インフレ調整後で前月比1%上昇。上昇幅は3月以来の大きさ。ブルームバーグのエコノミスト調査では、中央値で0.3%上昇が見込まれていた。7月は0.3%上昇に改訂された。8月の指数は前年同月比では2.1%上昇。

国内受注が2.6%上昇と前月の3.2%低下から回復した。消費財受注は2.9%上昇、ユーロ圏外からの需要が寄与した。資本財受注は0.3%上昇。ユーロ圏からの受注は基本財と資本財を中心に4.1%上昇した。

経済省は製造業が年末に向けて幾分上向くとの見通しを示した。

原題:German Manufacturing Orders Surge as Domestic Demand Rebounds(抜粋)

Piotr Skolimowski

最終更新:10/6(木) 15:32

Bloomberg