ここから本文です

“好きこと”のJY 一発勝負の撮影で新曲「フェイク」生配信

エキサイトミュージック 10/7(金) 1:15配信

『好きな人がいること』がロングヒット中の知英(ジヨン)こと“JY”(ジェイワイ)が10月6日に新曲の“ティザー映像第2弾”の制作を東京上野にある、東京国立博物館を舞台に行った。

【この記事の関連画像をもっと見る】

監督は数々のミュージックビデオや映画『SF サムライフィクション』でも有名な巨匠・中野裕之氏が担当。通常の撮影方法ではなく、1カメ・1カットで80年代の歌番組生中継風の撮影を実施し、ファンも撮影を盛り上げるキャストとして参加。実際に取材に来た報道関係者をも巻き込んでの演出となった。

“ノーミスで最後までやりきれるか”のチャレンジを含んだ映像撮影となった今回。さらにその緊張感あふれるリハーサルから本番までの撮影現場を、LINE LIVEで生配信もするという大胆な企画にも初挑戦し、平日にも関わらず約40万人の視聴者数を叩き出した。

先だって9月19日に公開されていたティザー映像には“JY 2016/12/7 Release”という文字とタップ靴のアップ、
ドレス姿で写真撮影中のJYの姿が映っており、まだ新曲の詳細は謎のままとなっていたが、生放送中に、本人から初めて新曲タイトル「フェイク」が発表され、その一端が明かされた形となった。

真紅のドレス姿で登場したJYは、駆けつけたファンに見守られながら、終始張りつめた空気の中、見事そのプレッシャーに打ち勝ち1回で成功すると、その瞬間、大歓声に包まれた。

撮影終了後のインタビューでは、「1カット撮りの生配信なんて初めてだったのでドキドキでした! スカートを踏んだらどうしようとか(笑)」といつものチャーミングな笑顔で語った。

なお、今回撮影した映像は後日YouTubeにて公開される予定。

最終更新:10/8(土) 1:00

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]