ここから本文です

『魔法にかけられて』続編の監督にアダム・シャンクマンが決定

ぴあ映画生活 10/7(金) 14:32配信

2007年のファンタジー・ミュージカル映画『魔法にかけられて』の続編の監督が、『ヘアスプレー』のアダム・シャンクマンに決まった。主人公ジゼル役には、エイミー・アダムスが続投する。

その他の情報

物語の設定は、1作目から10年後。ジゼルがある行動を取ったことから、現実の世界と魔法の王国アンダレーシア両方に、大きな影響を与えてしまうというストーリーになるらしい。

1作目は世界で3億4000万ドルを売り上げるヒットとなり、続編の企画は、だいぶ前から進められていた。監督と主演が固まったことで、製作準備にはずみがつきそうだ。

アダムスの最新作は、いずれもヴェネツィア映画祭、トロント映画祭で上映された『メッセージ』と『Nocturnal Animals』。シャンクマンの最近作は、2012年のミュージカル映画『ロック・オブ・エイジス』。

文:猿渡由紀

最終更新:10/7(金) 14:32

ぴあ映画生活

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]